含有量の意味は無い?

 

 

飲むコラーゲンは肌を綺麗にする効果があるとされるコラーゲンを大量かつ手軽に摂取することが出来ることから人気を集めていますが、最近はコラーゲンを口から摂取しても効果は無いという意見も出ています。特に含有量に関しては全く意味の無い数値とまで言われているのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 
飲むコラーゲンを購入する際、含有量が多い商品を選んでいるという方は多いと思いますが、実は飲むコラーゲンに含まれるコラーゲンはその含有量がそのまま体内で働くというわけではありません。口から摂取されたコラーゲンは消化器官で分解された後体内で生成されるコラーゲンの材料となるので、実際に体内で増えるコラーゲンは含有量よりもずっと少ないそうです。もちろん含有量が多ければその分体内で増えるコラーゲンは増えますが、摂取したコラーゲンが多すぎるとセルライトを作る原因にもなるので、下手にコラーゲンの量を増やすのも考え物です。

 
飲むコラーゲンには全く効果が無いとは言いませんが、恐らく多くの方が期待しているような効果はあまり期待できません。ですがコラーゲンを精製するための栄養素を多く含んだ商品もあるので、これからはそうした商品を探して使用してみてください。